スポンサーリンク

恋活アプリがここまで進化!DNAからベストパートナー探し

DNAから恋人を探す方法

最近は人と人との付き合いそのものが希薄になってきていると言われていますね。

ネットが世界中に定着し、私たちは家に居ながらにしてほとんどのことは出来てしまいます。

とはいうものの、唯一できないこと。

それは「恋愛」ではないでしょうか?

え?

恋愛だって2次元の世界で十分に出来るって?

まあ確かに、そういう側面もあることは認めます。

認めますが、やはり限界があるのも事実です。

本物の「リアル」な恋愛は、ネットの中ではどう逆立ちしても出来ません。

とはいうものの、まずは自分にピッタリの相手と出会うことから始めなければならないのが恋愛。

2次元の中に閉じこもっている人にとって、この「出会い」というのがとても大きなハードルなんですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大きく変わりつつあるベストパートナー探し

昔は若い男女が街に繰り出して、いわゆる「ナンパ」をしたり、複数の男女が一緒に食事をする「合コン」なんかで相手を見つけたりしましたし、もっと昔は恋愛そのものがなく、親同士が勝ってに決めた相手とお見合いをしてそのまま結婚、なんて時代もありました。

こうした何らかの「行動」が要求されるのが「旧タイプ」の恋活でした。

これははっきり言って、しんどいな・・・

と思う人も多いのでは?

でもご安心ください。

今や相手探しは2次元世界でも、しっかりと出来ますから(笑)

今回はそうした出会いをプロデュースする「恋活」アプリについて紹介していきますね!

ここまで進化した”恋活”アプリの最新動向

恋活アプリにもいろいろと種類がありますが、基本的には登録会員データからさまざまな条件で検索し、ベストパートナーをマッチングしていきます。

例えば、年齢、居住地、身長、職業などの基本情報から、結婚への意思、お酒やタバコなどの嗜好に至るまで、細かく条件設定していくことで、自分に合った相手を抽出していきます。

そして気になった相手を見つけたら、スマホから「いいね!」を送ります。

その後、相手からリプライがあれば、マッチング成功!メッセージ交換が出来るようになります。

・・・・・・というのが恋活アプリの一般的な流れです。

少し前だと、婚活パーティなどで自分にぴったりな相手を探すというのが一般的でしたが、最近ではアプリ上で相手探しをするんですね。時代は変わってきています(笑)

ところが最近、この恋活アプリに、とんでもない新サービスが登場してきたんです!

はっきり言って、これは今までの恋活アプリとは一線を画する、凄いサービスです。

新・恋活アプリ「フェラモール」

このサービス、フェラモール(Pheramor)といいます。

ユーザーの遺伝子の特性を異性のマッチングに応用している点が斬新です。

1995年にスイスの生物学者であるクラウス・ヴェーデキント博士を中心とする研究プロジェクトが、

女性はHLAの型が最も異なる男性の匂いに魅力を感じる

という研究結果を発表しています。

HLAとは、ヒトの免疫をつかさどる遺伝子のことで、男女の相性はこの遺伝子に影響を受けているらしいことが分かってきたのです。

HLAは白血球をはじめ、体内のあらゆる体液に存在します。

ヴェーデキント博士の研究結果の根拠は、男性の被験者が2日間にわたり着用したシャツの匂いを女性の被験者に嗅がせたところ、自分のHLAの型と異なる型のHLAを持つ男性の匂いほど魅力的に感じた、とのこと。

フェラモールは、この特性をアプリに応用しているんです。

スポンサーリンク

最新テクノロジーで「運命の人」を探し出す

このアプリ、ユーザーが専用の検査キットで自分の頬の内側の粘膜をとりフェラモールに送ることで、ユーザーのフェロモンに関わる11種類のDNAを分析してくれます。

これらの遺伝子情報と、ユーザーのSNS上の履歴(フェースブックやインスタグラムなどのアカウントをフェラモールと連携させることで、過去に投稿されたコンテンツや「いいね!」、ハッシュタグなど)から解析された、ユーザーの嗜好や趣味などを組み合わせて、独自に開発したAIアルゴリズムによってマッチングを図っていくというサービスです。

従来の恋活アプリとの決定的な違いは、ヒトの遺伝子情報を利用している点です。

ヴェーデキント博士の提唱する「男女の相性は遺伝子による影響を受けている」という説をもとに、新たにスタートするフェラモール。

今までの恋活アプリとどのような違いを見せるのか、楽しみですね。

正直に言うと、個人的には楽しみ半分、残りの半分は「残念」な気持ちもあります。

だって、運命の人は自分の力で見つけたいって思いませんか?

ここまでテクノロジーに頼っても良いものか、とも思ってしまいます(笑)

まとめ

今回は、遺伝子情報を応用した全く新しい恋活アプリについてご紹介しました。

このサービス、当面はアメリカを中心に提供されますが、その成果次第では日本にも上陸する可能性は十分にありそうです(アメリカでのサービス開始は2018年2月18日)

良くも悪くも、その日が来るのは楽しみですね!

 

ということで、今回はこのへんで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました